スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

平成27年より基礎控除が引き下げられたことから、相続税の申告件数が増えております。
先日国税庁から相続税の申告件数が発表されました。

平成27年分の相続税の申告状況

以下抜粋
「平成 27 年中に亡くなられた方(被相続人数)は約 129 万人(平成 26 年約 127万人)、このうち相続税の課税対象となった被相続人数は約 10 万3千人(平成26 年約5万6千人)で、課税割合は 8.0%(平成 26 年 4.4%)となっており、平成 26 年より 3.6 ポイント増加しました。」

このように基礎控除が引き下げられたため、課税割合は8%と急増しています。また、この数字は相続税申告書を提出しても、小規模宅地の特例や配偶者控除等により、実際の税金はかかっていない分(30,027人)は含まれていないので、実際に申告書を提出している数はもっと多く、申告書提出割合としては、約10%になります。10人に1人は相続税申告書を提出していることになりますね。

よく、相続マーケットは拡大していると言われますが、今回相続税申告書の提出件数が増加している分というのは、従来は相続税がかからなかった遺産金額の相続になります。よって、税理士事務所としても、事務作業の効率化を図り、低価格な申告報酬でも高品質な相続税申告書が作成できるように、スタッフ一同知識の向上を務め、オペレーションを日々改善していくことが求められています。

本年もお客様に満足していただけるように、スタッフ一同サービス向上に努め精進する所存ですので、よろしくお願いいたします。


税理士/公認会計士 川村















スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。