スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教育資金の一括贈与を受けた場合の贈与税の非課税制度

こんにちは、稲次です。

鳴り物入り施行されました「教育資金の一括贈与の非課税制度」

(「平成25年4月1日から平成27年12月31日まで)ですが、

ようやく実際に贈与を行ったという実例があちこちで聞こえて

きました。私の親族も実際に行っております。

祖父母から孫への教育資金の贈与は元々非課税なのですが

孫が社会に出るまで祖父母がずっと教育資金を贈与しようと

思えば、当たり前ですがその祖父母はその時まで存命していな

ければなりません。祖父母が既に高齢の場合、自分の死亡後も

孫の教育資金を援助してやりたいというお気持ちが有る場合、

この制度は非常に有用ですし、また、贈与税の非課税(使い残した

金額については贈与税がかかりますが)の特例ですので

相続税対策にもなります。金融機関もこの贈与信託を切り口に

富裕層を取り込みたいと考えておるようですし、ますます適用

を受ける方は増えると予想されます。

                               いなつぎ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。