スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

25年度税制改正大綱

こんにちは、税理士の稲次です。

いよいよ25年度税制改正大綱が発表されました。

24年末に解散総選挙があったため、約1ヶ月ずれこんだ発表でしたが、

大方の予想通り、相続税の課税強化が発表されました。

2,000万円+法定相続人の数×400万円(~S63)
4,000万円+法定相続人の数×800万円(S63~H3)
4,800万円+法定相続人の数×950万円(H4~H5)
5,000万円+法定相続人の数×1,000万円(H6~H26)
3,000万円+法定相続人の数×600万円(H27~)

こうやって基礎控除の推移を見ると本当に今回の改正で相続税を課税しにきており、

消費税増税による国民全体の重税感への不満を、富裕層への課税強化でガス抜き

する目的がはっきりうかがえます。

100人に4人と言われている相続税の課税対象者ですが、おそらく10%程度まで

増えると思われます。特に三大都市圏においては15%~20%程度の方々が

相続税申告をせねばならないと予想されます。

                                      いなつぎ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。