スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過去の相続税申告の見直しがやりやすくなりました

こんにちは、毎回「ご無沙汰してます」から書き出して

しまっております税理士の稲次です。

さて、ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、平成23年度税制改正で更正の請求の

期限が1年から5年に延長されました。

これまで相続税申告のやり直しをする場合、申告期限から

1年以内なら更正の請求という手続きで還付の請求を、

1年を超えていれば「嘆願」という手続きで還付の請求

をしておりました。

「嘆願」はあくまでも憲法に基づく<お願い事>という位置づけ

です。申告のやり直しが課税庁に認められる場合も税務署長の

職権で過去の申告の内容を訂正し、還付を受けることとなります。

従って実際に還付を認めてもらうには結構ハードルが高かったの

ですが、改正により5年間は「更正の請求」という税法で認められた

還付請求が出来ることとなったので納税者にとっては非常に有利

な状況になりました。

(平成23年4月1日以降申告期限が到来するものが対象です)

過去に相続税申告をされた方で申告内容に不安または不満がある方は

初回相談は無料ですので、ぜひご相談下さい。過去に納めた税金が還付されるかもしれません。



                         ☆いなつぎ☆
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。