新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

平成27年より基礎控除が引き下げられたことから、相続税の申告件数が増えております。
先日国税庁から相続税の申告件数が発表されました。

平成27年分の相続税の申告状況

以下抜粋
「平成 27 年中に亡くなられた方(被相続人数)は約 129 万人(平成 26 年約 127万人)、このうち相続税の課税対象となった被相続人数は約 10 万3千人(平成26 年約5万6千人)で、課税割合は 8.0%(平成 26 年 4.4%)となっており、平成 26 年より 3.6 ポイント増加しました。」

このように基礎控除が引き下げられたため、課税割合は8%と急増しています。また、この数字は相続税申告書を提出しても、小規模宅地の特例や配偶者控除等により、実際の税金はかかっていない分(30,027人)は含まれていないので、実際に申告書を提出している数はもっと多く、申告書提出割合としては、約10%になります。10人に1人は相続税申告書を提出していることになりますね。

よく、相続マーケットは拡大していると言われますが、今回相続税申告書の提出件数が増加している分というのは、従来は相続税がかからなかった遺産金額の相続になります。よって、税理士事務所としても、事務作業の効率化を図り、低価格な申告報酬でも高品質な相続税申告書が作成できるように、スタッフ一同知識の向上を務め、オペレーションを日々改善していくことが求められています。

本年もお客様に満足していただけるように、スタッフ一同サービス向上に努め精進する所存ですので、よろしくお願いいたします。


税理士/公認会計士 川村















スポンサーサイト

新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。
税理士・公認会計士の川村です。
本年もよろしくお願い申し上げます。

2015年は相続税改正の影響もあり、
当オフィスでもご相談・ご依頼が例年より大幅に増えた年でもありました。
また、当オフィスではお客様対応・面談は相続税申告の経験豊富な税理士が対応するようにしているため、
面談・作業に追われる日々となってしまいました。
お陰さまでメンバー全員が相続税に関してより知識・経験を深めることができ、
お客様により良いサービスを提供できるノウハウの蓄積が出来ています!

本年もお客様が相談しやすいように、初回の無料相談、明瞭な低価格報酬、お客様への説明責任をしっかりと果たし、
お客様の円満な相続をサポートできるように精進いたしますので、
本年もよろしくお願いいたします。


税理士・公認会計士 川村






みなさまこんにちは!税理士の稲次です。

相続税の改正が施行されてからはや9ヶ月が経とうとしております。

基礎控除額の大幅な引き下げに加え、昨今の株価の急上昇(最近乱高下してますが)、

また、急激な円安による外貨建て資産への影響などにより相続税の申告及び納税を

しなければいけない方が急激に増えております。

弊社でも昨年同時期と比較し、メールフォームからのお問い合わせ、直接のお電話に

よるお問い合わせ どちらも2倍近く頂いている状況です。

お客様にとって相続税の申告は人生でそう何度もあることではありません。

そして一般の税理士も同じくほとんど実務経験がないのが

悲しい現状です。そのようなマッチングで果たして適正かつお客様にとって

最良と言える相続申告が出来るのでしょうか。

信頼のおける相続専門税理士のいる弊社に是非一度にご相談下さい。


                                        いなつぎ