スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。
税理士・公認会計士の川村です。
本年もよろしくお願い申し上げます。

2015年は相続税改正の影響もあり、
当オフィスでもご相談・ご依頼が例年より大幅に増えた年でもありました。
また、当オフィスではお客様対応・面談は相続税申告の経験豊富な税理士が対応するようにしているため、
面談・作業に追われる日々となってしまいました。
お陰さまでメンバー全員が相続税に関してより知識・経験を深めることができ、
お客様により良いサービスを提供できるノウハウの蓄積が出来ています!

本年もお客様が相談しやすいように、初回の無料相談、明瞭な低価格報酬、お客様への説明責任をしっかりと果たし、
お客様の円満な相続をサポートできるように精進いたしますので、
本年もよろしくお願いいたします。


税理士・公認会計士 川村






スポンサーサイト

みなさまこんにちは!税理士の稲次です。

相続税の改正が施行されてからはや9ヶ月が経とうとしております。

基礎控除額の大幅な引き下げに加え、昨今の株価の急上昇(最近乱高下してますが)、

また、急激な円安による外貨建て資産への影響などにより相続税の申告及び納税を

しなければいけない方が急激に増えております。

弊社でも昨年同時期と比較し、メールフォームからのお問い合わせ、直接のお電話に

よるお問い合わせ どちらも2倍近く頂いている状況です。

お客様にとって相続税の申告は人生でそう何度もあることではありません。

そして一般の税理士も同じくほとんど実務経験がないのが

悲しい現状です。そのようなマッチングで果たして適正かつお客様にとって

最良と言える相続申告が出来るのでしょうか。

信頼のおける相続専門税理士のいる弊社に是非一度にご相談下さい。


                                        いなつぎ

生前贈与シミュレーション

税理士の川村です。
試行錯誤の上、やっと生前贈与による節税額をシミュレーションできるツールが出来たのでHP上にアップしました!

http://souzoku-zouyo.com/estimate_seizenzouyo.html


相続税改正の影響もあり、最近、生前贈与の相談が増えていますが、この生前贈与の額をいくらにするかと言うのは、なかなか難しいのが実情です・・

今回のシミュレーションは、贈与する相手を相続人に限定せず、孫や息子・娘の配偶者も対象としています。
相続が開始する3年前までの法定相続人に対する贈与は、相続税の計算上持ち戻しされるため、実務上は孫は子供の配偶者に贈与するケースが多いためです。

シミュレーションの計算方法は、
最も節税効果の高い生前贈与を実施した場合の贈与税+相続税の合計金額と生前贈与をしない場合の相続税の額を比較し生前贈与による節税額を計算する方法を採用しています。

節税効果の高い生前贈与の額の算定は、単純な方程式で算出できるものではないので、従来は大体の当たりをつけてシミュレーションする方法が一般的でしたが、今回はプログラムを組んで実際に計算を走らせて算定する方法を採用しているので、正確なシミュレーションをすることが可能となっています。

このシミュレーションを活用して生前贈与の節税効果のイメージを掴んでいただければと思います。
(あくまで節税効果のイメージを掴んでいただくためのツールなので、具体的な年間贈与額は表示していません)

実際に生前贈与をするには、他の相続税対策との兼ね合いも考慮して決定していく必要があるので、生前贈与や相続税対策をご検討の方はお気軽にお問合せください!

公認会計士/税理士 川村




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。